• 2010年12月24日

「GK クルマの保険」がエコマーク認定を取得

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、12月24日付けで「GK クルマの保険」(家庭用・一般用)でエコマーク認定を取得しました。エコマークは、環境への負荷が少ないなど、環境保全に役立つ商品やサービスを対象としていますが、保険商品をはじめ金融商品での認定は初めてとなります。

広く社会に普及している自動車保険がエコマーク認定を受けることで、社会全体の環境負荷の軽減が期待されます。当社は、今後も環境にやさしい保険商品・サービスの開発により、地球環境の保全と持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

1.認定内容

【表示イメージ】
GK クルマの保険(家庭用)
※このエコマークは、1月下旬よりパンフレットに表示します。

  • (1)商品名:GK クルマの保険
  • (2)認定番号:第10 147 005号(家庭用)、 第10 147 006号(一般用)
  • (3)取得日:2010年12月24日

2.「自動車保険」エコマークの概要

(1)エコマークについて
環境保全に役立つ商品を認定する環境ラベル制度で、財団法人日本環境協会によって運営されています。商品の情報を環境的側面から広く社会に提供し、消費者が環境にやさしい暮らしについて考え、より良い商品を選択できるようにすることを目的としています。
(2)「自動車保険」認定基準制定の背景(制定日:2010年11月29日)
日本のCO2排出量の2割を自動車・船舶などの運輸部門が占めており、自動車の使用により、事故車両の廃棄や排気ガスなどの環境負荷が生じています。これらの負荷を軽減するため、自動車保険の契約者や整備工場などに環境へ配慮した行動を促すことを目指して制定されました。
(3)認定基準
商品分野別に認定基準が定められており、自動車保険でのエコマーク認定の取得には、下記の項目をすべて満たす必要があります。
(1)事故削減による環境負荷軽減
  • 安全運転のための情報発信
  • 事故件数に応じた保険料設定 など
(2)事故車両修理時のリサイクル・適正処理
  • リサイクル部品の利用体制
  • 廃車時の適正処理 など
(3)保険契約者の環境配慮行動の誘導
  • 環境配慮行動を促進する情報発信 など
(4)紙資源の削減
  • 約款のペーパーレス化 など
(5)事業全体としての環境保全活動
  • 事業活動における環境への取組み
  • 環境法規の遵守 など

環境にやさしい「GK クルマの保険」

1. 保険商品・サービスを通じた環境取組み

(1)エコ安全ドライブの推進

環境にやさしい穏やかな運転を通じ、CO2削減と燃費の向上を同時に実現できる「エコ安全ドライブ」を推進しています。ふんわりアクセルや加減速の少ない運転などにより、安全確認と危険予測を行なう余裕を生み出すことから、事故防止にもつながります。

(2)リサイクル部品の活用

事故で損傷した自動車は、リサイクル部品を利用した修理が可能な場合があります。当社では、資源・エネルギーを有効活用するため、お客さまのご理解をいただき、リサイクル部品を活用した「環境にやさしい修理」の浸透を目指しています。

(3)ハイブリッド車・電気自動車向け新車割引の拡大

環境性能に優れたハイブリッド車・電気自動車の新車割引を1%上乗せし、普及を促進しています。
自家用(普通・小型)乗用車では、車両保険8%・車両保険以外12%の割引が適用されます。

(4)ペーパーレス化による紙資源の削減

Web約款の導入 冊子の約款に代えて、当社ホームページ上で約款を閲覧できます。約款で使用する紙の消費量は年間約800トン。ペーパーレスにより、大きな環境効果が期待でき、お客さまの利便性向上にもつながっています。
電子契約手続きの導入 保険契約手続きをパソコン上で完結させることで、紙の消費量の削減や輸送にかかるCO2排出量を削減することができます。契約データは暗号化され、セキュリティ面も万全です。

2. アドバンスクラブを通じた環境取組み

エコ整備・エコ車検 アドバンスクラブを通じ、エコ整備・エコ車検の普及に努めています。エンジン内に溜まったカーボンなどを取り除くことで、自動車の有害ガス排出を抑制するほか、燃費改善によりCO2を削減する効果があります。
「エコアクション21」
認証取得支援
アドバンスクラブを対象に、セミナーの開催や個別コンサルティングの実施などにより、「エコアクション21」(簡易版の環境マネジメントシステム)の取得を支援しています。
  • 当社の代理店である優良整備工場組織

Green Powerサポーター

Web約款、電子契約手続き、リサイクル部品の活用、エコ整備・エコ車検の4つの利用実績に応じた金額を、再生可能エネルギーの普及を推進・支援する事業など、環境保全への取組みに寄付しています。

3. その他の環境取組み

国内全拠点におけるISO14001一括認証の取得、駿河台ビルの緑化管理、インドネシアでの熱帯林再生事業など、商品・サービス以外の取組みにも力を入れています。

ご参考

世界の環境ラベル制度について
世界には、多くの環境ラベル制度があります。そのうち、第三者によって認証を受けている信頼性の高い環境ラベルを「タイプⅠ環境ラベル」といい、世界の40以上の国や地域で実施されています。また、自動車保険の環境ラベル認定は世界初であり、環境ラベル先進国のスウェーデンやアメリカなどからも注目されています。

以上