• 2010年8月30日

「第40回全日本実業柔道個人選手権大会」で7選手が活躍!

三井住友海上火災保険株式会社

8月29日(土)~30日(日)に尼崎市記念公園総合体育館で開催された「第40回全日本実業柔道個人選手権大会」に当社女子柔道部(監督:柳澤 久)から7名の選手が出場し、山岸絵美選手(48kg級)、阿部香菜選手(63kg級)が優勝しました。

各選手の試合結果

山岸 絵美選手(48kg級) 《優勝》

初戦(2回戦)と準決勝戦の2試合を一本勝で勝ち進みました。伊部尚子選手(岐阜柔道クラブ24)との決勝戦ではゴールデンスコア(延長戦)にもつれ込みましたが、積極的に攻め、指導ポイントによる優勢勝で初優勝を飾りました。

阿部 香菜選手(63kg級) 《優勝》

初戦から準決勝戦までの3試合は、大外刈、横四方固、関節技といった多彩な技を繰り出し、全て一本勝で勝ち進みました。谷本育実選手(コマツ)との決勝戦では、ゴールデンスコアになる接戦でしたが、冷静な試合運びで終始圧倒し、旗判定(3−0)で勝利を収め、見事初優勝を飾りました。

塩瀬 絢子選手(57kg級) 《3位》

有力選手が多く出場し激戦となった本階級でしたが、初戦から3回戦までを全て一本勝で勝ち進みました。平井希選手(自衛隊体育学校)との準決勝戦では接戦となり、ゴールデンスコアにもつれ込みましたが一本を取られ敗退し、3位に入賞しました。

上野 巴恵選手(70kg級) 《3位》

初戦、2回戦を順調に勝ち進み、強豪の岡明日香選手(コマツ)との3回戦では、冷静な試合運びで指導ポイントをとり、準決勝に進みました。本大会優勝者の今井優子選手(了徳寺学園)との準決勝戦では、指導ポイントの差で惜敗し、3位に入賞しました。

石井 優花選手(70kg級) 《3回戦敗退(ベスト8)》

初戦、2回戦と攻めの柔道で勝ち進みました。本大会準優勝者の川上由貴選手(フォーリーフジャパン)との3回戦では善戦しましたが、一本を取られ敗退しました。

高橋 千尋選手(78kg級) 《3回戦敗退(ベスト8)》

初戦(2回戦)は思い切りの良い柔道で一本勝を収め、穴井さやか選手(ミキハウス)との3回戦では、ゴールデンスコアにもつれ込みましたが、有効を取られ敗退しました。

上村 凛歩選手(57kg級) 《2回戦敗退》

初戦を勝ち進み、本大会3位入賞の藤田康恵選手(自衛隊体育学校)との2回戦では、善戦しましたが、技ありを取られ敗退しました。

  • 本大会で初優勝となる山岸選手
    Photo:アフロスポーツ
  • 気迫で攻める阿部選手
    Photo:アフロスポーツ
  • 初優勝の山岸選手(左)と3位入賞の塩瀬選手(右)
    Photo:アフロスポーツ
  • 初優勝の阿部選手(左)と3位入賞の上野選手(右)
    Photo:アフロスポーツ

以上