• 2011年1月14日

災害復旧専門会社とアジア包括提携を実施

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、100%全額出資するアジア持株会社(MSIG Holdings(Asia)Pte.Ltd. 本社:シンガポール)を通じて、世界トップクラスの災害復旧会社であるベルフォアグループ(本部:ドイツ)のベルフォアアジア社(本社:シンガポール)と、アジア11カ国における包括業務委託契約を2010年12月に締結しました。また、2011年1月よりお客さまへのサービス提供を開始します。

アジアにおける外資系損害保険会社トップクラスのネットワークを有する当社に、世界トップクラスであるベルフォアアジア社の高い技術力が加わることにより、アジア地域におけるお客さまの災害復旧に関して、さらに高品質なサービスの提供が可能となります。

1.包括提携の概要と効果

  • (1)提供サービスの内容:
    お客さまの機械設備などに罹災のあった場合、下記の初期対応を迅速に実施することにより、最小限の部品交換などで早期に罹災前の機能・状態に復旧します。
    • 〔1〕罹災時の各種緊急安定化措置(煙・すす等の除去、乾燥、さび・腐食の進行抑制等)
    • 〔2〕設備機器の精密洗浄、復旧作業等
    • 〔3〕設備機器の汚染状況評価、復旧方法・計画の提案
  • (2)対象地域:
    アジア11カ国(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、香港)
    • 当面は上記11カ国でサービスの提供を行いますが、お客さまの需要に応じてサービスの対象国を拡大することも検討しています。
  • (3)対象顧客:上記対象国内で当社(含む子会社)の火災保険に加入するお客さま
  • (4)開始時期:2011年1月より(既存契約・新規契約とも)
  • (5)提供料金:無料(お客さまの負担は原則ありません)
  • (6)効果:
    本サービスの迅速な提供により、災害復旧期間が大幅に短縮されます。お客さまの保有する機械・設備に加え、事業中断による利益損失などの「損害の最小化が可能」となります。

2.本提携に至った背景など

  • (1)本提携に至った背景には、日系企業を中心としたお客さまのアジア地域への製造ラインのシフトが進むことに伴い、同地域での火災・暴風雨等の自然災害による罹災件数が増加していることが挙げられます。
  • (2)ベルフォアグループは世界30か国・約170拠点を持つ世界最大級の災害復旧専門会社です。

以上