• 大会結果
  • 2017年10月28日

「ワールドカップ・トンヨン」に出場

10月28日(土)、韓国・トンヨンで「ワールドカップ・トンヨン」が開催され、当社トライアスロン部の小田倉真選手が出場しました。

選手コメント

小田倉真選手

皆さま、いつも温かいご支援とご声援ありがとうございます。
今大会は各国から強豪選手が出場している中で出せる力をしっかり出して8位以内に入賞することを目標に取り組みました。
スイムではスタート直後からの混戦状態から抜け出せず、集団の中で流れに乗りながら泳ぐようにしましたが心拍数が上がってしまい、先頭からも遅れをとるかたちになってしまいました。
バイクでは序盤、二人で前を追走しておりましたが、すぐに後続の大集団に吸収されました。最終周で先頭を捕らえ、30名を越える大集団となりました。その中で前方でポジションを取って展開しましたが、トランジッション2が近づくにつれて強引にポジションを取る選手に気持ち負けをしてしまいました。
ランではトランジッション2の遅れの影響で先頭集団から遅れてしまい、また身体の切り替えも上手くいかず、苦しい展開でしたが、後半から動き始めて前の選手を数人捕らえるように走りましたが23位という結果で終わってしまいました。
次戦は今シーズン最終戦ワールドカップ宮崎大会になります。
国内での開催となりますので、今回の反省と課題を活かしてスイムからトップ選手の近くで展開し、日本人最先着の8位以内を目指して頑張っていきます。
引き続き、温かいご支援とご声援のほどよろしくお願いいたします。

大会結果詳細

23位 小田倉真 53分11秒

※本大会は、スイム0.75km、バイク20km、ラン5kmのスプリント・ディスタンス(25.75km)で開催されました