• 大会結果
  • 2016年05月14日

「世界トライアスロン・横浜」に出場!

総勢150名の大応援団

5月14日(土)、神奈川県横浜市で「世界トライアスロン・横浜」が開催され、当社トライアスロン部の古谷純平選手と椿浩平選手が出場しました。

選手コメント

椿浩平選手

いつも応援、ありがとうございます。
皆さまに応援に駆けつけていただき、大声援を受け、最後まで頑張り切ることができました!
今回は、私自身の理想とするレース展開を、ほぼ完璧に行えたレースでありました。
しかし、世界との差は大きく、オリンピック代表入りのための、8位以内には届かず、リオデジャネイロオリンピックへの道は終わってしまいました。
次の4年後の東京オリンピックには必ず出場し、メダル争いに加われるよう、これからしっかりと準備をしていきたいと思います。
今シーズンは、まだまだスタートしたばかりです。
オリンピックに行けなかった分を全て出し切れるよう、10月のお台場で行われる日本選手権に向けて、もう一度気持ちを入れ直し精進して参ります。
今後も応援をよろしくお願いいたします。

古谷純平選手

皆さま、いつも温かいご支援ご声援ありがとうございます。
また、横浜大会ではたくさんの方々に応援に駆けつけていただき、皆さまの声援が大変力となりました。ありがとうございました。
横浜大会をもって、リオ五輪の選考は終了となりました。
リオ五輪を本気で目指して、日々トレーニングに励んだここ数年。様々な変化があり、様々な経験をし、支えてくださる皆さまのおかげで、一回りも二回りも成長できたと思います。しかし、リオ五輪代表には一歩届かず、入れ替え候補選手(補欠)としての選出でした。
幼少期からの『オリンピック出場』という夢を果たせず、とても悔しいですが、後悔は全くありません!自分のスタイルを最後まで貫き通せたリオ五輪への挑戦でした!
リオ五輪までは入れ替え候補としての使命を全うしつつ、次の目標!2020!東京五輪!に向かって気持ちを切り替えて頑張ります!
今後も皆さま、応援よろしくお願いします。

大会結果詳細

エリート男子 総合結果

31位 椿浩平 1時間48分49秒
途中棄権 古谷純平

※本大会は、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのスタンダード・ディスタンス(51.5km)で開催されました

  • 得意のランで追い上げる椿選手
  • バイクで先頭集団を率いる古谷選手
  • レース後の様子(左:椿選手 右:古谷選手)