2012年度の活動

(1)地域住民への説明

  • 説明会を行った集会所
  • 地元警察からの説明

地域住民の理解を得るために植林地のある2つの村でプロジェクトの説明会を行いました。それぞれ約50名が参加し、プロジェクトの実施は歓迎するとの意見が多数寄せられました。

(2)植林地の調査

  • 植林候補地の調査実施
  • 国立公園スタッフと植林地の境界調査

植林地の設定のため候補地の調査を実施しました。

(3)ベースキャンプ、苗畑の設営

  • 完成したベースキャンプ
  • 苗畑の様子

植林作業の基地となるベースキャンプを設営するとともに、植林する苗木を生産する苗畑の設営を行いました。2013年度は苗木はすべて自家生産を予定しており、徐々に整備を進めていきます。

(4)植林作業

  • 巣植えの様子
  • 土の埋め戻しの様子

有機肥料をわらと一緒に固めたブロックを用い植林を実施しました。巣植え(一か所に数本を植林)を一部で実施しました。異なる個体を固めて植えることで、厳しい環境に耐えることが期待できます。