保険・金融サービスという事業活動に伴う環境負荷には、大きく分けて3つの特徴があります。

  • 保険商品の申込書・パンフレット、またはお客さまのご契約を管理するための「紙の使用」
  • お客さまのニーズにお応えするための、コンピュータネットワークや事務所の運営などによる「電気の使用」
  • お客さま・代理店とのコミュニケーションを密にするための、社有車による「ガソリンの使用」

3つの負荷要因のうち、電気・ガソリンは地球温暖化の原因であるCO2(二酸化炭素)排出の主因となっています。2015年度のCO2排出量は国内で53,799t(海外も含めると67,383t)であり、これらの負荷要因の低減を図っていくために、具体的な目標と実行計画を策定し、取り組んでいます。

三井住友海上の環境負荷(国内)

主要な環境負荷データ過去5年度の状況

2015 2014 2013 2012 2011
総量 総量 総量 総量 総量
電力(千kWh)

79,743

81,770

84,115

82,650

86,080

熱供給(GJ)

44,931

43,983

34,927

48,423

31,122

都市ガス(千m3

831

1,087

942

673

495

A重油(kl)

46

49

66

56

9

灯油(kl)

21

21

23

27

44

ガソリン(kl)

3,346

4,188

3,707

3,863

3,983

紙(t)

5,614

4,959

6,054

5,313

6,478

総CO2排出量(t)

53,799

57,467

49,291

51,213

43,567

廃棄物総発生量(t)

3,782

2,895

3,343

3,019

3,332

総リサイクル量

2,105

2,016

2,050

1,840

2,472

上水道(千m3

388

367

307

320

432

従業員の出張に伴うCO2排出量(t)

3,636

3,091

2,997

2,794

2,735

従業員の通勤に伴うCO2排出量(t)

3,916

3,960

3,651

3,604

3,750

  • 一部ビルは除く

<参考>主要な環境負荷データ(含む海外)の状況

CO2排出量(t) 廃棄物発生量(t) 上水道(千m3
総量

67,383

4,548

435

原単位

4.47

0.30

0.029

  • 原単位の単位:正味収入保険料1億円

主要な環境負荷データ(原単位)過去5年度の状況

2015 2014 2013 2012 2011
電力(千kWh)

5.29

5.66

6.08

6.29

6.78

紙(t)

0.37

0.34

0.44

0.40

0.51

総CO2排出量(t)

3.57

3.97

3.56

3.90

3.43

廃棄物総発生量(t)

0.25

0.20

0.24

0.23

0.26

上水道(千m3

0.026

0.025

0.022

0.024

0.034

  • (原単位の単位:正味収入保険料1億円)

主要サイト別2015年度状況

駿河台ビル 駿河台新館 千葉ニュータウンビル 淀屋橋ビル
電力(千kWh)

6,346

5,019

15,612

5,074

熱供給(GJ)

0

9,732

15,384

0

都市ガス(千m3

105

0

20

118

A重油(kl)

0

2

13

0

灯油(kl)

0

0

0

0

総CO2排出量(t)

3,433

3,082

8,841

2,950

廃棄物総量(t)

373

287

312

245

上水道(千m3

26

19

5

40

東京都地球温暖化対策報告書の公表

三井住友海上では東京都の地球温暖化対策報告制度に基づき、東京都に「地球温暖化対策報告書」を提出しています。東京都環境確保条例第8条の二十四により下記の通り公表いたします。