三井住友海上はキッザニア甲子園のオフィシャルスポンサーです!

キッザニアとは、こどもたちが憧れの仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができるエデュテインメントタウン(※)です。
施設内には、空港、病院、テレビ局、パン工場といった約50種類の本物そっくりなパビリオンがあり、お仕事を体験することで「キッゾ」という専用通貨(お金)をもらい、買い物や習い事などに使うことができます。
つまり、働くことの楽しさや厳しさを知りながら、自立性や社会性、金銭感覚を養うことができるのです。

  • エデュケーション(学び)とエンターテインメント(楽しさ)を組み合わせたキッザニアの造語です。

オフィシャルスポンサーとして

当社は、キッザニア甲子園のオフィシャルスポンサーとして「消防署」パビリオンを出展。
次世代を担うこどもたちに消防士として消火活動を体験してもらうことで、消防士という職業を体感するとともに、火災を起こさなければ安全で安心な生活ができるという“防災の大切さ”を学んでほしいと願っています。

消防署パビリオンの紹介

1.訓練

  • 消防士の仕事内容を聞き、号令の練習や準備体操を行います。
  • 消防士として大切なことを学ぼう。

↓

キッザニアの街で火災発生!!

2.出動準備

  • ドキドキ!出動直前でみんな緊張しているみたい・・・
  • 消防服を身に着け、急いで出動準備をします。

↓

3.出動

  • 消防車に乗り、火災現場へ急行!!
  • いよいよ出動!!緊張感が漂っています。

↓

4.消火活動

  • 放水はじめ!ホースからは本当に水が出ます。
  • チーム一丸となって、消火活動に務めます。

↓

5.お別れの挨拶

無事に火を消すことができたら、消防署に帰ります。
キッザニア甲子園の「消防署」パビリオンを、ぜひ体験してみてくださいね!