[労働災害総合保険] 使用者賠償責任保険のおすすめ

このページは、保険の特長・あらましを説明したものです。詳しくは資料をご請求のうえ、ご覧ください。

補償内容

損害賠償金を保険金としてお支払いします。

貴社が労働災害により従業員等に対し法律上の損害賠償責任を負い、その損害賠償金の額が「政府労災保険からの給付額」、「自賠責保険等により支払われる額」、「貴社が定める法定外補償規定等に基づいて支払われる額」の合算額を超過した場合に、その超過額を賠償保険金としてお支払いします。

慰謝料をお支払いします。

上記の損害賠償金には、法律上の損害賠償責任による慰謝料を含みます(政府労災保険では慰謝料は給付の対象となっていません。政府労災保険等にかわって自賠責保険等で支払われる金額がある場合は、その超過額が対象です。)。

賠償問題解決のために要した費用をお支払いします。

法律上の損害賠償責任の解決のために貴社が負担する訴訟費用、示談交渉に要した弁護士報酬等の費用等をお支払いします。

貴社に法定外補償規定等がある場合

使用者賠償責任保険 EL(Employers' Liability) 法定外補償規定 政府労災保険

法定外補償規定等または法定外補償条項の上乗せ保険として機能し、巨額の労働災害による損害賠償責任から企業経営を防衛します。

貴社に法定外補償規定等がない場合

使用者賠償責任保険 EL(Employers' Liability) 政府労災保険

政府労災保険の上乗せ保険となります。使用者賠償責任保険に免責金額を設定することもできます。

コンサルティング費用補償特約

  • 労働災害発生時の社労士への相談費用や再発防止策を講じるためのコンサルティング費用を補償する特約です。
  • 労災認定前であっても、政府労災保険を請求、受理された時から保険金のお支払いが可能です(労災認定不要)。

総合リスク診断評価割引

貴社の労働安全衛生状況等を専用のシート(全22項目)にご回答いただくことで、ご回答内容により保険料を割引くことができます。

お気軽にお問い合わせください