• 2013年10月1日~2015年9月30日までの始期契約についてのご説明です。

2015年10月1日以降始期契約についてはこちらをご覧ください。

建設工事保険 建設中に生じた事故による損害を幅広くカバー!

このページは、保険の特長・あらましを説明したものです。詳しくは資料をご請求のうえ、ご覧ください。

保険の対象

この保険の対象とする工事は、住宅・マンション・事務所ビルその他の建築工事に限ります。
なお、建築工事であっても鉄塔・タンク等の鋼構造物を主体とする組立工事、道路・土地造成・擁壁等の土木工事を主体とする工事および解体・撤去・分解または取片づけ工事は、この保険の対象に含みません。
また、この保険の対象となる物件は工事現場における次のものです。

  • 1.工事の対象物(本工事)
  • 2.本工事に付随する仮工事の対象物
  • 3.工事用仮設物
  • 4.工事用仮設建物
  • 5.工事用仮設建物内の什器・備品
  • 6.工事用材料
  • 7.工事用仮設材
  • 次のいずれかに該当する物は、保険の対象に含みません。
    (1)据付機械設備等の工事用仮設備(据付費および付帯設備工事費を含みます。)および工事用機械器具ならびにこれらの部品
    (2)航空機、船舶または水上運搬用具、機関車、自動車その他の車両
    (3)設計図書、証書、帳簿、通貨、有価証券その他これらに類する物

保険期間・保険責任期間

この保険の保険期間は、原則として着工の時を始期日(保険申込書またはセットされる特約において別途定める場合を除いて午後4時からとします。)とし、工事の対象物の引渡し予定時を満期日(午後4時までとします。)とします。ただし、保険の対象とする工事から基礎工事部分を除いてご契約される場合は、基礎工事完了の時を始期日とします。また、保険責任期間はそれぞれ次のとおりとなります。

保険責任の始期 保険証券記載の始期日に始まります。ただし、工事用材料および工事用仮設材については、工事現場において輸送用具からその荷卸しが完了した時に始まります。
保険責任の終期 保険証券記載の満期日または工事の対象物が引渡された時(引渡しを要しない場合は、この工事が完了した時とします。)のいずれか早い時とします。

包括契約のおすすめ

包括契約とは、契約時に始期日以降1年間に着工する(着工ベース)または工事中(事故発生ベース)のすべての建築工事を対象とする契約方式です。この契約方式により、保険の申込み、保険料の払込みを一括して行うことができ、事務処理の簡素化が図れます。

お気軽にお問い合わせください