• 2014年10月1日~2015年9月30日までの始期契約についてのご説明です。

2015年10月1日以降始期契約についてはこちらをご覧ください。

このページは、保険の補償概要を説明したものです。詳しくは資料をご請求のうえ、ご覧ください。

建物に関するさまざまな工事が対象となります

  • 建物の建築工事
    • 増築、改築、内・外装、修繕工事を含みます
  • 建物に付帯する次に掲げる設備工事
    (主たる工事がその建物敷地内で行われる工事に限ります。)
    • 冷暖房・空調設備工事
    • 照明設備工事
    • 冷凍冷蔵設備工事
    • ガス供給設備工事
    • 給排水・給湯設備工事
    • 上・下水道管、ガス管、電線用・通信用配管等の配管工事
    • 厨房設備工事
    • 電気配線工事
    • 電話・通信設備工事
    • 防犯・防災設備工事
  • 建物に付帯する次に掲げる土木工事
    (主たる工事がその建物敷地内で行われる工事に限ります。)
    • 基礎工事
    • 集水・雨水・汚水桝および側溝工事
    • 整地工事
    • アスファルト舗装工事
    • コンクリート舗装工事
    • 切盛高1m以下の切土・盛土工事および高さ1m以下の擁壁工事
    • ブロック舗装工事
    • 路盤築造工事
    • 門、塀および垣工事(擁壁工事を除きます。)
    • 造園工事(植栽のみの工事を除きます。)

保険契約者が請負った下請工事、共同企業体(JV)工事、官公庁発注工事のいずれかまたはすべてを除外することができます。

こんな事故での損害を補償

  • 火災、爆発、落雷によって生じた損害
  • 台風、旋風、暴風、暴風雨、突風等の
    風災によって生じた損害
  • 高潮、洪水等の水災によって生じた損害
  • 豪雨による崖崩れ、地すべり、
    土砂崩れ等によって生じた損害
  • 盗難によって生じた損害
  • 設計、施工、材質または製作の
    欠陥によって生じた事故(注)
  • 労働者、従業員の取扱上の過失
    または第三者の悪意によって生じた損害
  • 航空機の落下、車両の衝突等に
    よって生じた損害
  • 不測かつ突発的な事故によって生じた損害
  • (注)設計、施工、材質または製作の欠陥により、崩壊・倒壊・破損等の不測かつ突発的な事故による損害が生じた場合のみ保険金をお支払いします。欠陥そのものを除去するための費用に対しては保険金をお支払いしません。

以下の部分も拡張して補償します。

  • 1.工事現場において、輸送用具からの荷卸作業中に保険の対象に生じた損害
  • 2.陸上輸送中に保険の対象に生じた損害
  • 3.工事の対象物が、工事中に工事以外の用途に使用された場合、その使用による火災、破裂、爆発によってその使用部分に生じた損害
  • 4.保険の対象に損害が生じた場合で、保険の対象を復旧するためにやむを得ず損害の生じた保険の対象以外の物を取り壊したことによる損害

保険金額・支払限度額

  • 各工事の保険金額・支払限度額
    工事ごとに請負金額を限度として、損害保険金を支払います。
  • 保険期間中に支払う保険金の総額
    暫定保険金額(保険契約締結時に把握可能な最近の会計年度(1年間)における対象工事の完成工事高)の2倍を限度とします。

復旧費をお支払いします

工事物件の損害に対しては、損害を受けた物の復旧費をお支払いしますので、追加で必要となる費用はほとんどありません。

  • 復旧費算定時の単価は、損害を受けた部分の請負金額上の単価の120%が上限となります。

お気軽にお問い合わせください