外航貨物海上保険

このページは、保険の概要を説明したものです。詳細はパンフレットをご覧ください。

保険の概要

国際間輸送される貨物を対象に、海上・航空・陸上運送中のさまざまなリスクから生じる損害をカバーするオーダーメイドタイプの保険です。

貿易取引と外航貨物海上保険

貿易取引条件

遠隔地間の取引である貿易売買においては、「商品の引渡し場所はどこか」「売主と買主のどちらが船舶を手配するか」「売主と買主のどちらが外航貨物海上保険を手配するか」をあらかじめ売買当事者間で取り決めておく必要があり、これらを折り込んだ標準的な貿易取引条件に関するルールが定められています。貿易取引条件に関するルールとして最も広く使用されている国際商業会議所のインコタームズ(INCOTERMS)では、下表のような標準的取引条件が決められています。
売主または買主は、貿易取引条件にしたがって外航貨物海上保険を手配する必要があります。

貿易取引条件 売主 買主
FOB条件 船積み原価(COST)で売る 本船と保険の手配を行う
CFR条件 本船を手配し、船積み原価(COST)+運賃(FREIGHT)で売る 保険の手配を行う
CIF条件 本船、保険を手配し、船積み原価(COST)+運賃(FREIGHT)+保険料(INSURANCE)で売る 本船と保険の手配は行わない
  • インコタームズでは上表以外にも多様な取引条件が定められています。

信用状における保険条件の指定

貿易取引における代金の決済を円滑に行う方法として、買主の取引銀行が信用状(L/C)を発行する信用状取引があります。売買契約がCIF条件などの場合、信用状の中で船積み書類の一つとして「保険証券」の提出を求められ、保険条件も信用状で指定されています。売主は信用状の修正(アメンド)を行わない限り、信用状の指示どおり外航貨物海上保険を手配する必要があります。

保険の詳細

外航貨物海上保険の詳細はこちらです。

お気軽にお問い合わせください