確定拠出年金はさまざまな機関で運営されます。

加入者

  • 掛金の額を決めて、毎月拠出(口座振替または給与天引き)します。
  • 自分の年金資産を運用する商品を選択し、運営管理機関に通知します(運用指図)。

受給権者

受取方法および時期を選択して、運営管理機関に給付金の申請をします。

運営管理機関

加入者の窓口になり、以下のような業務を行います。

  • (1)運用関連業務

    運用商品の選定・提示、運用商品に関する情報提供 等

  • (2)記録関連業務

    運用指図の取りまとめ、資産残高の記録管理、給付の裁定 等

国民年金基金連合会

個人型確定拠出年金の運営主体であり、以下のような業務を行います。

  • 個人型に係る規約の策定
  • 加入資格の審査
  • 拠出限度額の管理
  • 掛金の収納のとりまとめ
  • 加入者の資格情報の管理
  • 国民年金保険料の納付チェック

事務委託先金融機関

  • 年金資産の管理
  • 給付金の支払

運用商品提供会社

選択肢となる運用商品を提供します。

会社

制度内容を決めて、資産管理機関に掛金を拠出します。

加入者(従業員)

自分の年金資産を運用する商品を選択し、運営管理機関に通知します(運用指図)。

受給権者

受取方法および時期を選択して、運営管理機関に給付金受取の申請をします。

運営管理機関

加入者の窓口になり、以下のような業務を行います。

  • (1)運用関連業務

    運用商品の選定・提示、運用商品に関する情報提供 等

  • (2)記録関連業務

    運用指図の取りまとめ、資産残高の記録管理、給付の裁定 等

資産管理機関

掛金の受入、年金資産の管理・保全、給付金の支払いを行います。

運用商品提供会社

選択肢となる運用商品を提供します。

お問い合わせ・資料請求