少子高齢化の影響

少子高齢化が公的年金制度に影響!?

今の公的年金制度は、現役世代の負担で高齢者の年金を支える仕組みになっています。しかし、少子高齢化が進むと、現役世代で高齢者を支えきれなくなってしまいます。

現在 一人の高齢者を約3人で支えています。 2025年 一人の高齢者を2人で支えることに…

厚生年金の支給開始年令の引き上げ

60歳~65歳は厚生年金が出なくなる!?

会社員の老後にとって最大の問題点は、「厚生年金の支給開始年齢が61歳から65歳へ段階的に引き上げられること」です。男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた方は、定年退職後の5年間、公的年金が全く支給されません。

お問い合わせ・資料請求